Reuters logo
GPIFが年金運用見直し、国債低下・内外株増やす
2013年6月7日 / 06:28 / 4年前

GPIFが年金運用見直し、国債低下・内外株増やす

[東京 7日 ロイター] - 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7日、2014年度までの運用割合を見直すと正式に発表した。GPIFが計画途中で資産構成を変更するのは今回が初めて。

運用資産110兆円の大半を占める国内債券の割合を減らし、国内外の株式や外国債券の割合を高めた。

同日午前の年金部会を踏まえ、管轄する厚生労働大臣の認可を受けた。即日適用する。新たな計画では国内債券を従来の67%から60%に減らす一方、国内株式を11%から12%に、外国債券を8%から11%に、外国株式を9%から12%に、それぞれの割合を高めた。

相場変動に伴う「かい離」の許容幅そのものは変更せず、国内債券8%、国内株式6%、外国債券5%、外国株式5%とした。短期資産の比率は5%に据え置いた。

GPIFの運用割合をめぐっては、昨年10月4日に会計検査院が「定期的に検証すべき」と指摘。厚労省も10月25日に同様の要請に踏み切っていた。

これを受けてGPIFは、金融経済の専門家らで構成する運用委員会で今年4月から審議を開始。「2012年末までのデータに基づいて検証した結果、基本ポートフォリオの変更が必要と判断した」(GPIFの清水時彦調査室長)としている。

運用割合の見直しで、期待収益はこれまでの3.34%から3.42%に上がる。

(山口貴也;編集 宮崎大)

*情報を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below