Reuters logo
ロイター調査:米FRB資産買い入れ、年内に縮小との見方大勢
2013年6月8日 / 00:04 / 4年前

ロイター調査:米FRB資産買い入れ、年内に縮小との見方大勢

6月7日、ロイターが5月の米雇用統計後に実施したエコノミスト調査から、FRBが年内に資産買い入れ規模を縮小するとの見方が大勢となっていることがわかった。ワシントンのFRB本部で昨年4月撮影(2013年 ロイター/Joshua Roberts)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - ロイターが7日、5月の米雇用統計後に実施したエコノミスト調査から、連邦準備理事会(FRB)が年内に資産買い入れ規模を縮小するとの見方が大勢となっていることがわかった。

さらに、相当数のエコノミストが、早ければ9月にもFRBが縮小に踏み切ると予想していることも明らかになった。

調査はエコノミスト50人を対象に実施された。

資産買い入れ縮小の開始時期に関する質問には、エコノミスト48人中42人が年内に開始するだろうと回答。うち21人は第3・四半期中に資産買い入れ縮小が発表されると想定し、19人が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で発表されると答えた。

資産買い入れ終了時期に関する質問では、49人中42人が2014年半ばまでに完全に終了と回答。7人は2014年下期、もしくは15年上期と予想した。

また、米失業率が2015年までにFRBの目標とする6.5%に低下すると予想した向きは30人。20人が、2014年中に達成すると回答した。

同日発表の5月の雇用統計は、非農業部門雇用者の増加数が前月比17万5000人増となり、市場予想の17万人増をやや上回った。失業率は7.6%と、前月の7.5%から上昇したものの、労働参加率の上昇を反映した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below