Reuters logo
サーベラスが西武HDに質問状、株主総会のライブ中継なども依頼
2013年6月14日 / 08:48 / 4年前

サーベラスが西武HDに質問状、株主総会のライブ中継なども依頼

[東京 14日 ロイター] - サーベラス・グループは14日、投資先の西武ホールディングスの後藤高志社長宛てに、定時株主総会を前に質問状を送付したと発表した。17日には定時株主総会に向けたサーベラスの取組みについて、サーベラスジャパンの鈴木喜輝社長らが会見を行う。

サーベラスは、株式の再上場への取り組みや情報開示の姿勢、業績から判断すると、西武HDは重大な問題や課題を抱えているのではないかと指摘。中期経営計画からかい離した業績に対する詳細説明のほか、ホテル経営の経験者で任期を迎える人物を取締役不再任にする理由、有効活用すると述べていた保有不動産に関する潜在的な収益力の根拠など、計22ページ(補足資料は別)の質問状を送付し、「真摯な回答を期待する」としている。

たとえば、事業計画の未達や度重なる計画の先送りについてサーベラスは、西武HD経営陣による業務執行に対して誰がいかにして監査・監督を行い、どのような議論があったかなどを、株主が合理的に納得できる説明を求めた。

西武HDが2月14日に2013年3月期の第3・四半期決算を開示した際は、通期の連結業績予想に変更はないとしていたが、その約1カ月後の3月26日には、業績予想の下方修正と旧中期事業計画(12年3月公表)の見直しを開示。また、5月14日に下方修正後の業績予想を上回る過去最高益の13年3月期通期決算を公表したのに対しサーベラスは、一連の情報開示で、1)経営陣のうち誰がいつ下方修正の原因を把握したか、2)その必要性や合理性を誰と検討し、専門家からどのようなアドバイスを受けて意思決定を行ったのか──などの説明を求めた。

サーベラスは、25日開催の西武HDの定時株主総会のライブ動画配信や、総会終了後にホームページに録画された動画を掲載し、開かれた総会にするよう依頼した。

江本恵美

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below