Reuters logo
対米証券投資、4月は127億ドルの買い越し
2013年6月14日 / 17:32 / 4年前

対米証券投資、4月は127億ドルの買い越し

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米財務省が発表した4月の海外投資家による対米証券投資は127億ドルの買い越しと、前月の21億ドルから買い越し額が増加した。株式のほか政府機関債の買い越し額が増加した。

ただ、財務省証券が大きく売り込まれ、長期有価証券は3カ月連続で売り越しとなった。

財務省証券は545億ドルの売り越しで、7カ月ぶりの売り越しとなった。民間投資家の売り越し額は、単月としては過去最高の308億ドルに上った。

長期有価証券(株式スワップ等除く)は373億ドルの売り越しで、売り越し額は少なくとも3年ぶりの大きさだった。3月分の売り越し額は134億ドルに小幅修正された。

TDセキュリティーズの米国ストラテジスト、ジェナディー・ゴールドバーグ氏は「4月の米証券需要は相当弱まった」と指摘。「同月に欧州をめぐる不透明感が再燃したことを踏まえると、(財務省証券の売り越し規模は)やや意外だ」と話した。

各国中銀など公的部門の投資家も財務省証券を売り越した。中国の保有額は54億ドル減の1兆2650億ドル、日本は140億ドル減の1兆1140億ドルだった。

ただ、政府機関債は230億ドルの買い越しとなった。ゴールドバーグ氏は、利回りを求めて機関債に投資資金を振り向ける動きが一部で出ている可能性もあるとの見方を示した。

株式は112億ドルの買い越し、3月の68億ドルから増加した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below