Reuters logo
6月米ミシガン大消費者信頼感は予想下回る、楽観論やや後退
2013年6月14日 / 17:57 / 4年前

6月米ミシガン大消費者信頼感は予想下回る、楽観論やや後退

6月14日、ロイター/ミシガン大学が調査した6月の米消費者信頼感指数(速報値)は、約6年ぶり高水準となった前月の84.5から82.7に低下した。写真はシカゴの商店で2011年9月撮影(2013年 ロイター/Jim Young)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - ロイター/ミシガン大学が調査した6月の米消費者信頼感指数(速報値)は、約6年ぶり高水準となった前月の84.5から82.7に低下した。エコノミスト予想の84.5も下回った。

雇用や住宅市場に関する楽観的見方がやや後退した。

ただ、過去8カ月では依然2番目に高い水準で、米消費者が長期的に先行きを悲観しているわけではないことを示唆している。

景気現況指数は前月の98.0から92.1に低下した。一方、消費者期待指数は75.8から76.7に上昇し、昨年11月以来の高水準となった。

調査責任者のリチャード・カーティン氏は、とりわけ低所得者層で信頼感の悪化が目立ったと指摘した。

だが「全般的に雇用見通しへの楽観的見方が後退したほか、住宅価格の上昇が鈍るとともに、株高の勢いも前月の水準を下回ると見込まれている」としている。

1年インフレ期待は3.2%と、3.1%から上昇。向こう5─10年のインフレ期待も2.9%から3.0%に上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below