Reuters logo
円が4日続伸、日経平均先物下落で一時93.99円=NY市場
2013年6月14日 / 23:03 / 4年前

円が4日続伸、日経平均先物下落で一時93.99円=NY市場

6月14日、ニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで4日続伸。一時93.99円まで値を上げ、日銀が質的・量的緩和を打ち出した4月4日以来の高値をつけた。都内で2010年9月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ニューヨーク 14日 ロイター] -

ドル/円  終値    94.08/10

始値    94.86/90

前営業日終値    95.37/39

ユーロ/ドル  終値   1.3343/44

始値   1.3313/17

前営業日終値   1.3373/74

14日のニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで4日続伸。一時93.99円まで値を上げ、日銀が質的・量的緩和を打ち出した4月4日以来の高値をつけた。中銀が積極的な緩和を維持するかをめぐり不透明感が高まっており、円売りのポジションを解消する動きが強まった。

米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、連邦準備理事会(FRB)の債券買い入れ縮小開始時期に注目が集まっている。また日銀の物価上昇への取り組みが疑問視されており、一部の投資家は円キャリートレードを巻き戻しているという。

BNYメロンの世界市場ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏は「米国の金融政策が一段と明確になるまでキャリートレードは休止だ」と述べ、円をショートにし日本以外の高利回り資産などをロングにするポジションは、日米の株価下落や円の上昇で大きな打撃を受けたと指摘した。

日経平均先物の下落を受けて円の上昇が加速した。6月の米ミシガン大消費者信頼感指数が約6年ぶり高水準だった前月から低下したことも安全資産とされる円買いの材料となった。

終盤の取引でドル/円は1.07%安の94.34円。

ユーロも対円で値を下げ1.28%安の125.89円。一時125.17円まで下落した。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア・マーケット・アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「世界的に株価が乱高下する中、円が安全資産となっている」と指摘し「来週にも日米欧の金融政策の見通しがはっきりする。それまでは円高は続くだろう」と語った。

ロイターのデータによると、ユーロ/ドルは0.2%安の1.3345ドル。

ドル指数.DXYは0.17%安の80.618。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below