Reuters logo
EU、対米FTA交渉の音楽・映像部門除外で合意
2013年6月14日 / 23:48 / 4年前

EU、対米FTA交渉の音楽・映像部門除外で合意

[ルクセンブルク 14日 ロイター] - 欧州連合(EU)は14日に開いた貿易担当相会合で、米国との自由貿易協定(FTA)交渉について、フランスが主張していた音楽・映像関連部門を交渉対象から除外することで合意した。

6月14日、EUは貿易担当相会合で、米国との自由貿易協定(FTA)交渉について、フランスが主張していた音楽・映像関連部門を交渉対象から除外することで合意した。写真はEU旗。スペイン南部で1月撮影(2013年 ロイター/Jon Nazca)

フランスは米映画産業の影響を懸念し、テレビ、映画、オンラインメディアなどの分野について交渉対象からの除外を主張していた。

EU加盟27カ国の貿易担当相の合意を受け、対米FTAの交渉を担当する欧州委員会のデフフト委員(通商担当)は、オーディオビジュアル関連産業の交渉権限は当初は持たない。ただ、欧州委は交渉が進んだ段階で加盟国に対し交渉の分野拡大を打診することはできる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below