Reuters logo
ドコモのiPhone販売、手段としてある=NTT副社長
2013年6月25日 / 02:58 / 4年前

ドコモのiPhone販売、手段としてある=NTT副社長

6月25日、NTTの渡辺大樹副社長は、子会社NTTドコモが米アップルのiPhoneを取り扱うことの是非について「当面の競争に打ち勝つための手段」とし、あり得るとの見解を示した。2010年4月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 25日 ロイター] - NTT(9432.T)の渡辺大樹副社長は25日の株主総会で、子会社NTTドコモ (9437.T)が米アップル(AAPL.O) のiPhone(アイフォーン)を販売することについて「当面の競争に打ち勝つための手段としてある」との見解を示した。

株主が「NTTはアイフォーンを販売する必要はない」と指摘したことに対して答えた。

渡辺副社長は「アイフォーンを販売していないことで、結果的にドコモがやや苦戦しているのは事実」と指摘。その上で「最終的にドコモが判断することだが、当面の競争に打ち勝つための手段としてあるだろう」と述べた。

ドコモがアイフォーンを販売すれば、ソフトバンク(9984.T)、KDDI(9433.T)に続き、国内の携帯会社のすべてが扱うことになる。渡辺副社長は「3社ともアイフォーン、3社ともLTE(高速通信)、という状況になると、そこでどう打ち勝つかが中期の経営戦略の主眼だ。そこはグローバルなクラウドサービスの方向に向かうことで打ち勝ちたい」と述べた。

別の株主が「アイフォーンの発売があるのかないのか」と質問したことに対しては、鵜浦博夫社長は「あくまでドコモが自主的に考えて決定する事項」とした上で「ドコモはユーザーの期待に沿うべく、また、自分たちの将来のためを含めて、慎重に検討すると私は認識している」と語った。

(ロイターニュース 村井令二)

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below