Reuters logo
米下院が月末の休会取り止め、政府機関の窓口閉鎖回避へつなぎ法案目指す
2013年9月13日 / 00:16 / 4年前

米下院が月末の休会取り止め、政府機関の窓口閉鎖回避へつなぎ法案目指す

[ワシントン 12日 ロイター] - 米下院のカンター共和党院内総務は12日、今月23日から1週間予定していた月末の休会を取り止めると発表した。

政府機関の窓口閉鎖回避に向け、暫定予算案の策定に引き続き当たるとしている。

米国では10月1日から新会計年度が始まるが、新年度の政府機関運営に必要な資金手当ての法案が成立しておらず、つなぎ法案がなければ10月初旬から政府機関の窓口は閉鎖に追い込まれる。

下院共和党指導部は11日、オバマ大統領が署名して10月1日に導入が予定されている医療制度改革に予算をつけないことを求める法案と、12月15日までのつなぎ予算法案をそれぞれ審議する戦術について党内の十分な支持が得られず、採決の延期を決めた。

共和党保守派は医療制度改革の実施阻止に向けてより強硬な姿勢で臨むべきだと要求。12日には、医療制度改革の実施を1年先送りすることと1年間の予算措置を抱き合わせた法案をめぐって、党内で議論が行われた。トム・グレイブス議員(ジョージア州)が提起したこの計画はなお詳細を詰めている段階だが、同党議員の間からはより多くの支持を確保できる可能性があるとの声が聞かれた。

下院共和党指導部の1人であるジェームズ・ランクフォード議員(オクラホマ州)は、党内の議論から数々の提案が出てきているので、現段階では医療制度改革の実施先送りと連邦債務上限引き上げを結びつける戦術を採用するかどうかは不明だと述べた。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below