Reuters logo
シリア化学兵器攻撃の死者数、米政府発表に水増しの可能性
2013年9月13日 / 05:52 / 4年前

シリア化学兵器攻撃の死者数、米政府発表に水増しの可能性

9月12日、米政府はシリア政府が行ったとする化学兵器攻撃で、子供426人を含む1429人が犠牲になったとしていた。しかし米議会関係者はこの数字について疑問を呈している。写真はシリアの状況について会見を行うケリー国務長官。8月30日撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)

[ワシントン 12日 ロイター] - 8月21日にシリアの首都ダマスカス郊外で起こった化学兵器攻撃。オバマ米政権が、シリア政府軍が化学兵器を使用した証拠の1つとして示したのが死者数だった。

ホワイトハウスは8月30日、攻撃で子供426人を含む1429人が死亡したとみられると発表した。ケリー国務長官は会見で、病院の様子を撮った映像を説明し「米政府は、この攻撃で少なくとも子供426人を含む少なくとも1429人が死亡したと認識している」と述べた。

しかし今、政府が示した死者数について、議会関係者が疑問を呈している。

ロイターが取材した3人の議会関係者は、政権高官が、死者数にはサリンガス攻撃に続く従来型の爆撃による死者も含まれている可能性を非公式な場で示唆したと明らかにした。これを知って、オバマ政権のシリア攻撃計画を支持する気持ち後退したという。

政府が示した死者数をめぐる疑問が、オバマ大統領のシリア攻撃計画に対する議会の支持に悪影響を及ぼしたのか。こうした質問に対し国家情報局の報道官は「情報収集を行う機関は、自らの見解の正確性に厳しい基準を持っているが、100%の確実性を達成するのは事実上不可能だ」とコメント。

「われわれはこの手順を極めて厳格に行っており、常に一段の厳格さを追求している」と説明し「われわれの手順について議会ときちんと協議してきており、懸念というものは認識していない」と述べた。

3人の議会関係者の1人によると、ひそかに開かれたブリーフィングで政権側は、死者数には毒ガスを搭載したロケットの従来型爆発部の爆発、あるいは毒ガス攻撃に続いて行われたと米政府が主張する砲撃による犠牲者が含まれている可能性を否定しなかった。

ホワイトハウスの方針に理解を示す2人目の関係者は、1429人という死者数に政権側が添えた警告は、その数字を引用すべきでないと思わせるものだったと語った。

3人目の関係者は、政権側が議会メンバーから数字の正確性について追及され、化学兵器による死者としてカウントしている中に死因がはっきりしない例が含まれていると認めた、と話した。

このブリーフィングについてよく知る政権高官は、化学兵器攻撃による死者を1429人とした根拠や方法に対し疑問が出ているという説を否定。別の政権高官は、大統領の計画に反対している議員が多いため、議会関係者は聞きたかったことを聞いたのだと指摘した。

オバマ政権関係者はロイターに、有効な情報収集手順を頼りに死者数を推計したとしている。ある当局者は、被害者の映像を分析し、生存している人、負傷した形跡がある遺体、布に覆われた遺体で血が滲みでているものを死者総数から差し引いたと説明し、米情報当局は、政権より少ない数字を発表している人権団体や非政府組織(NGO)に比べ、より多くの情報リソースを持っていると主張した。

フランス情報当局は、毒ガス攻撃にによる死者が1500人に上る可能性があるとの見方を示しつつも、映像で確認した死者数は281人と報告している。英情報当局、ロンドンに拠点を置くNGO「シリア人権監視団」や「国境なき医師団」の推計は322人から355人となっている。

議会関係者によると、議会の一部から米情報当局が入手した情報の閲覧を希望する声が出ている。しかし、これまでのところ、政権は、衛星写真や傍受した情報などをまとめた報告しか提供していない。

<暫定的な調査結果>

ホワイトハウスは、1429人という死者数を初めて公表した際「暫定的な調査結果」とことわった。政権側は、情報分析に基づく推計で確定した数字ではないと説明。政権内では、死者数はそれより多いとの見方がされている。

しかし政権は最近、最初に公表した死者数を言わなくなっている。

ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)は9月9日、死者数を「400人以上の子供」を含む「1400人以上」が殺害されたとおおまかな数字を示した。

オバマ大統領も10日の国民向け演説で、アサド政権軍が「数百人の子供を含む1000人を超える人々がガス攻撃で死亡」と主張した。

ホワイトハウス関係者は、単なる表現の問題と説明。当初示した数字を撤回しているわけではないとしている。

かつて米情報当局で中東の情報分析官を務めたポール・ピラー氏はロイターに、内戦の最中に正確な情報を入手するのは無理だとし、米政権は最初から約何人という形で公表すべきだったと指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below