Reuters logo
景気回復への取り組み、財政政策などで損なわれる可能性=主要中銀幹部
2013年10月16日 / 05:31 / 4年前

景気回復への取り組み、財政政策などで損なわれる可能性=主要中銀幹部

[メキシコ市 15日 ロイター] - メキシコ中央銀行主催の会合に集まった主要中銀幹部は15日、財政政策や政治動向により、景気回復のための中銀の取り組みが損なわれるリスクがあると警告した。

米国では財政協議が続いており、政府機関の一部が閉鎖された状態。米連邦準備理事会(FRB)は財政協議の行き詰まりが成長や雇用に対する重大な下押し要因になり、デフォルトが発生すればリセッションに陥る可能性があると繰り返し警告してきた。

非伝統的な金融政策と中銀の独立性に関する会合の中で、メキシコ中銀のカルステンス総裁は、米財政問題の迅速な解決を参加者全員が願っている、と述べた。

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、FRBによる量的緩和策の導入について、金利上昇でバランスシートが毀損すれば、FRBの独立性が損なわれるかもしれないと述べた。

準備原稿の中で「その可能性は低いが、中央銀行関係者はそうしたリスクを認識し、リスクを和らげるために導入する措置に関する根拠をはっきりと示す必要がある」と指摘。

そのうえで「非伝統的な金融政策の導入よりも中銀の独立性に対する重大な脅威となってくる問題は、財政運営側が中銀の目標に沿うような措置を取っているかどうかだ」としている。

欧州中央銀行(ECB)理事会のメンバーであるクノット・オランダ中銀総裁は、中銀の独立性を守ることは必須だと指摘。「中央銀行のバランスシートは、次第に経済上のリスクや政治的なプレッシャーにさらされるようになってきた」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below