Reuters logo
米国株式市場は急反発、米債務上限問題の決着近いとの期待感で
2013年10月16日 / 21:11 / 4年前

米国株式市場は急反発、米債務上限問題の決着近いとの期待感で

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 16日の米国株式市場は急反発し、1%超の上昇となった。議会民主党のリード院内総務とマコネル共和党院内総務が、債務上限引き上げと政府機関の再開について超党派で合意に達したと発表したことを受け、米国債のデフォルト(債務不履行)が回避されると見込みとなったことを好感した。

10月16日、米国株式市場は急反発し、1%超の上昇となった。ニューヨーク証券取引所で撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)

政府機関の再開は来年1月15日まで、債務上限の引き上げは2月7日までとする内容。関連法案は下院で16日中に採決を行う。

S&P500種は9月18日につけた史上最高値の1725.52に数ポイント近くの水準まで上昇した。ただ、財政問題が公式に決着するまでは事態の推移を見守りたいとする投資家が多いため、出来高は平均を下回った。

ダウ工業株30種.DJIは205.82ドル(1.36%)高の1万5373.83ドル。

ナスダック総合指数.IXICは45.42ポイント(1.20%)高の3839.43。

S&P総合500種.SPXは23.48ポイント(1.38%)高の1721.54。

エバーコア・ウェルス・マネジメント(サンフランシスコ)のポートフォリオマネージャー、ジュディ・モーゼズ氏は「問題は乗り越えられそうな見通しとなり、市場には猶予が与えられた。最悪の時期を脱したという安堵感に加えて、われわれは依然として極度に緩和的な金融政策の環境下にあり、これも追い風になっている」と話した。

上昇は幅広い銘柄に及び、S&P500種の10業種すべてが上昇。金融株.SPSYが2.1%上昇したほか、経済の成長ペースと連動性が高いエネルギー.SPNYも値上がりした。

財政問題に対する懸念が和らぐ中で、投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ・インデックス.VIXは21%下落し、1日の下落幅としては2011年8月以来の大きさとなった。ただ、過去4週間でみると12%上昇している。

ニューヨーク証券取引所では約78%、ナスダックは69%の銘柄が上昇した。

IBM(IBM.N)の決算は利益が市場予想を上回ったが、売上高が市場のコンセンサスを下回り、6%安。電子商取引大手のイーベイ(EBAY.O)は、ホリデーシーズンの売上高予想が期待外れの内容となり、4.5%安となった。アメリカン・エキスプレス(AXP.N)は取引終了後に9.3%の増益と発表したが、時間外取引で株価は横ばいで推移した。

米財政問題が引き続き市場の行方を左右する要因となるが、今後の焦点は第3・四半期の企業業績に移るとアナリストはみている。

前述のモーゼズ氏は「一般的に売上高の伸びが厳しい状況にあり、特にハイテク株の伸びが鈍い」と語る。

S&P500種で決算発表を終えた企業は11%に上り、このうち57%の利益が予想を上回ったが、これは過去の平均の63%を下回る。予想を上回る売上高を発表した企業の数も平均以下にとどまっている。

投資家は、政府機関の閉鎖と債務上限の引き上げをめぐるこう着状態が業績予想に与えるマイナス影響を注意深く見守っている。

アメリプライズ・フィナンシャル(ボストン)のチーフ・マーケット・ストラテジスト、デビッド・ジョイ氏は、政治の不透明感は業績予想にも悪影響を及ぼしているとみており、「この問題が与えた経済的および心理的ダメージは、まだ現実的に市場に反映されていないとみている。第4・四半期が9%増益になるとの見方はあまりにも強気すぎると思う。政府機関の閉鎖を考えると、この上昇相場の中で売りというのが私の直感だ」と話した。

半導体大手インテル(INTC.O)は1.3%高。後継プロセッサの生産開始が遅れる見込みとなり、第4・四半期の売上高見通しが市場予想を下回ったが、相場全体の上昇の流れに乗り買われた。

銀行大手バンク・オブ・アメリカ(BAC.N)は貸倒損失引当金の減少で第3・四半期の純利益が上振れたことを好感し2.2%高。

検索大手ヤフーYHOO.Oは、通年の売上高予想の中間値を45億ドルから44億2500万ドルに引き下げたことが嫌気され0.9%安だった。

「ロンドンの鯨」と呼ばれたトレーダーによるデリバティブ(金融派生商品)の巨額損失事件で米商品先物取引委員会(CTFC)に1億ドルの罰金を支払うことで合意したJPモルガン・チェース(JPM.N)は3.2%高となった。

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         15373.83(+205.82)

前営業日終値    15168.01(‐133.25)

ナスダック総合.IXIC

終値         3839.43(+45.42)

前営業日終値    3794.01(‐21.27)

S&P総合500種.SPX

終値         1721.54(+23.48)

前営業日終値    1698.06(‐12.08)

*内容をさらに追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below