Reuters logo
アニメキャラの墓石は規則違反、墓地管理者と遺族が対立
2013年10月23日 / 06:05 / 4年前

アニメキャラの墓石は規則違反、墓地管理者と遺族が対立

10月21日、死亡した米陸軍軍曹だった娘のために、生前好きだったアニメキャラクター「スポンジボブ」の形をした墓石を建てたところ、墓地側が規則に違反するとして一方的に撤去し、争いとなっている。米オハイオ州で撮影。写真はNBC提供映像から(2013年 ロイター)

[シンシナティー(米オハイオ州) 21日 ロイター] - 死亡した米陸軍軍曹だった娘のために、生前好きだったアニメキャラクターの形をした墓石を建てたところ、墓地側が規則に違反するとして一方的に撤去し、争いとなっている。

米陸軍軍曹だったキンバリー・ウォーカーさんは、元交際相手とみられる男に殺害された。キンバリーさんの母、デボラ・ウォーカーさんは、娘が好きだったアニメ「スポンジボブ・スクエアパンツ」のキャラクターの墓石を建てることを計画。墓石のデザイナーは、墓地の担当者と打ち合わせも行ったという。

こうして陸軍の制服姿のキャラクターをデザインした墓石2基が完成した。それぞれ高さ約2メートル、重量は約3.2トンある。

ところが遺族は、これらの墓石は墓地の規則に違反すると突如告げられ、建立した翌日に墓地側によって撤去されたという。

キンバリーさんは正式な手続きを踏んで建立したにもかかわらず、墓地側は遺族を無視するかのように態度を翻したとして、憤りを隠さない。

一方、地元メディアの取材に対し墓地側は、キンバリーさんの墓石にいったん許可を出したことを認めた上で、墓地の管理者がデザインを許可しなかったため撤去したと語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below