Reuters logo
10月の英サービス部門PMI、1997年以来の高水準
2013年11月5日 / 15:17 / 4年前

10月の英サービス部門PMI、1997年以来の高水準

11月5日、マークイット/CIPSが発表した10月の英サービス部門購買担当者景気指数は62.5。写真はロンドンの英中銀(中央)前で8月撮影(2013年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 5日 ロイター] -マークイット/CIPSが発表した10月の英サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は62.5で、前月の60.3から上昇した。市場予想の59.8を上回り、1997年5月以来の高水準となった。

PMIは50を上回ると景況の改善、下回ると悪化を意味する。今回の指標などを受けて、10─12月期の経済成長率が1.3%と、7─9月期の0.8%から加速する可能性が出てきた。

マークイットの首席エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「英景気は10月、回復の勢いを再び増した」と分析。「製造業やサービス、建設はいずれも引き続き非常に堅調な上昇率となっており、幅広い分野で上向いていることを示した。ただ、規模の点からサービス部門が大きく主導している」と話した。

製造業や建設部門のPMIも含めた総合指数は61.5、データを取り始めた1998年以来、最高となった。

新規受注指数は63.4で、調査を開始した1996年7月以来の高水準となった。

市場では、イングランド銀行(英中央銀行)が来週の見通し公表時に、失業率が7%にまで低下する時期を前倒しするとの見方が広がる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below