Reuters logo
タイ総選挙は2割の選挙区で投票中止、大きな混乱はみられず
2014年2月2日 / 23:07 / 4年前

タイ総選挙は2割の選挙区で投票中止、大きな混乱はみられず

2月2日、反政府デモが続くタイで総選挙が行われた。警戒されていた大きな混乱はみられなかったものの、多くの地域で投票が中止となり、長引く政情混乱が収拾するかどうか不透明となっている。写真は投票するインラック首相(2014年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[バンコク 2日 ロイター] -反政府デモが続くタイで2日、総選挙が行われた。警戒されていた大きな混乱はみられなかったものの、多くの地域で投票が中止となり、長引く政情混乱が収拾するかどうか不透明となっている。

選挙委員会によると、国内選挙区の約2割近くで投票が完了できなかった。インラック政権支持者と反政府デモ隊の大きな衝突はみられなかった。

選挙は2日の午後終了したが、結果は公表されていない。インラック政権は今後数週間、選挙管理内閣として存続する。しかし、反政府デモ活動は今後も続く見通しで、反政府派が法的措置をとり選挙の無効を訴える可能性もあり、事態鎮静化のめどはたっていない。

選挙委員会によると、反政府デモ隊の投票妨害により、375選挙区中69選挙区で投票が完了できなかった。

総選挙の前に、政治改革を実施すべきだと主張する最大野党民主党はボイコットしていた。

1月26日の期日前投票でも、バンコク全域で投票が中止に追い込まれた。政府と選管は今月23日に、再度投票を行う予定。一方、立候補者が登録できなかった9選挙区については、投票は当面行われない可能性がある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below