Oddly Enough | 2014年 02月 7日 17:57 JST

「亡き息子の動画見たい」、フェイスブックが父親の願い叶える