2014年2月12日 / 19:58 / 4年前

欧州市場サマリー(12日)

[12日 ロイター] -

1715GMT     11日終盤

ユーロ/ドルEUR=   1.3589/91 1.3636

ドル/円JPY=      102.49/50   102.63

ユーロ/円EURJPY= 139.30/33    139.97

12日終値   前営業日終値

株 FT100   6675.03(+2.37) 6672.66

クセトラDAX     9540.00(+61.23) 9478.77

金 現物午後値決め      1289.50       1282.00

*GMT:18時20分

先物清算値

3カ月物ユーロ(3月限)   99.74 (+0.00) FEIH4

独連邦債2年物(3月限)  110.57 (‐0.01) FGBSH4<0#FGBS:>

独連邦債5年物(3月限)  126.47 (‐0.16) FGBMH4<0#FGBM:>

独連邦債10年物(3月限) 143.17 (‐0.47) FGBLH4<0#FGBL:>

独連邦債30年物(3月限) 126.84 (‐0.68) FGBXH4<0#FGBX:>

現物利回り

独連邦債2年物       0.113 (0.108) DE2YT=TWEB<0#DE2YT=TWEB>

独連邦債5年物       0.707 (0.678) DE5YT=TWEB<0#DE5YT=TWEB>

独連邦債10年物      1.720 (1.680) DE10YT=TWEB<0#DE10YT=TWEB>

独連邦債30年物      2.563 (2.528) DE30YT=TWEB<0#DE30YT=TWEB>

<為替> ポンドが対ドルで2週間ぶり高値をつけた。英中銀が同日公表のインフレ報告で成長見通しを引き上げ、来年の利上げの可能性を示唆したことが支援している。

市場では2015年下期の英利上げ観測が高まり、ポンドはユーロ、円、スイスフランに対しても値を上げた。

英ポンドは対ドルで0.8%高の1.6580ドルと、2週間ぶり高値をつけた。インフレ報告発表前は1.6480ドルだった。

ユーロ/ドルは0.40%安の1.3583ドル。

ユーロ/円は0.65%安の139.085円。

ユーロはまた、対ポンドで1%超の下げとなった。

12月のユーロ圏鉱工業生産が弱い内容になったことに加え、クーレ欧州中央銀行(ECB)専務理事がマイナスの中銀預金金利について「非常に真剣に検討している」と述べたこともユーロを圧迫している。

<株式> ロンドン株式市場は6日続伸し、終値で3週間ぶり高値をつけた。中国の貿易統計を好感し鉱山株が値を上げ、相場を押し上げた。

FT100種総合株価指数.FTSEは2.37ポイント(0.04%)高の6675.03と、1月23日以来の高値で引けた。

鉱山株指数.FTNMX1770は1.1%上昇し3カ月ぶり高値をつけた。1月の中国貿易統計で、輸出・輸入がともに市場予想を上回ったことが追い風となった。

ハーグリーブス・ランズダウンの株式アナリスト、キース・バウマン氏は「中国指標で、商品(コモディティ)需要の減退懸念が和らぎ、鉱山株を支援した」と指摘した。

イングランド銀行(英中央銀行、BOE)はこの日、インフレ報告を公表し、向こう3年の成長見通しを大幅上方修正した。

だが市場は、会見でのカーニー総裁ら中銀当局者への発言には反応薄だった。

欧州株式市場は続伸して終了した。銀行決算が良好となっていることで増配が期待できるとして、銀行株に買いが入った。中国の貿易統計で輸入が好調だったことで、鉱山関連株も買われた。

FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3終値は9.49ポイント(0.72%)高の1326.79。

DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは17.81ポイント(0.58%)高の3094.89で取引を終えた。

仏ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)(SOGN.PA)は第4・四半期の利益が好調だったことを受け増配すると発表。4.7%高で引けた。

オランダ金融大手INGING.ASは3.6%高。利益が予想を上回ったことに加え、政府支援完済の予定の繰上げを検討するとしたことで、復配に対する期待が高まった。

STOXXユーロ圏銀行指数.SX7Eは0.9%上昇して終了。年初からは約8%上昇しており、他のセクターを上回る力強さを見せている。

AXAインベストメント・マネジャーズのストラテジスト、マチュー・ロワー氏は、「ユーロ圏経済が上向き、米経済は加速しており、新興国で見られる減速は埋め合わせられている。このため、企業決算見通しもこれまでより良好になっている」と述べた。

中国の1月の貿易統計で輸入が6カ月ぶりの高い伸びを示したことで同国の景気減速懸念が緩和、鉱山関連株に買いが入った。リオ・ティント(RIO.L)、BHPビリトン(BLT.L)、アングロ・アメリカン(AAL.L)は0.7─1.5%高で引けた。

<ユーロ圏債券> 独2年債利回りがゼロ近辺で推移した。リターンの低さにもかかわらず、欧州中央銀行(ECB)の追加緩和期待を背景に、新発2年債入札でおう盛な需要を集めたことが支援した。

2年債入札では、発行額のおよそ40億ユーロ(54億7000万ドル)に対し、約88億ユーロの需要があった。これは前回入札の79億ユーロ、2013年平均の78億ユーロを上回る水準。

クーレECB専務理事がマイナスの中銀預金金利について「大いに可能性がある選択肢」との見方を示したことも、独国債の利回り押し下げ要因となった。

RIAキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ニック・スタメンコビッチ氏は「ECBは緩和を急いでいないものの、明らかに利下げの可能性は排除していない」とし、「継続的な緩和バイアスが短期債を支援している」と述べた。

短期債は長期債に比べて、政策シフトの影響を受けやすく、短期債への需要は中銀の金融政策見通しに関する市場の見方を色濃く反映する。

独2年債利回りは0.110%で小動きとなった。利回りは年初来の低水準となる0.065%は上回っているが、昨年末時点の半分以下の水準となっている。

半面、独10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)上昇の1.72%と、2年債をアンダーパフォームした。

イングランド銀行(英中銀)がこの日公表したインフレ報告で成長見通しを引き上げ、利上げ観測が前倒しになったことで、英米の国債が売られた流れを受けた。

独2年債と10年債の利回り格差は4bp拡大の161bpと、約1カ月ぶりの水準をつけた。

独連邦債先物は52ティック安の143.12まで売られた。

イタリア10年債利回りは4bp上昇の3.74%。13日に予定されている75億ユーロの国債入札に備える動きが出た。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below