Reuters logo
仏プジョー、増資や提携強化で中国の東風汽と大筋合意
2014年2月12日 / 22:13 / 4年前

仏プジョー、増資や提携強化で中国の東風汽と大筋合意

2月12日、仏プジョーシトロエングループは、最大40億ユーロ(55億ドル)の増資や提携強化をめぐり、中国の東風汽車、フランス政府と大筋で合意した。パリで昨年12月撮影(2014年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 12日 ロイター] -仏自動車大手プジョーシトロエングループ(PSA)(PEUP.PA)は、最大40億ユーロ(55億ドル)の増資や提携強化をめぐり、中国の東風汽車(0489.HK)、フランス政府と大筋で合意した。

合意内容は18日開催のプジョー取締役会に提示され、同日中に拘束力のない覚書(MOU)として署名される公算が大きい。

複数の関係筋が12日、明らかにした。

経営が悪化しているプジョーは存続に向け、東風汽とフランス政府を引き受け先とする増資を実施し、30億ユーロを調達する方向で交渉を進めてきた。東風汽とフランス政府はそれぞれがプジョー株14%を取得する方向とされる。

今回の大筋合意では、1株7.50ユーロと、大幅なディスカウント水準で東風汽とフランス政府に株式を売却することが決まった。12日の終値は12.52ユーロ。

ただ新たに任命する独立取締役に関しては、まだ意見が対立しているという。

プジョーは東風汽とフランス政府を引き受け先とする増資と、その後実施する既存株主に対する株主割当増資(ライツイシュー)を通じて30億ユーロを調達する予定。

既存株主は追加で株式を取得できるワラントも受け取る見通しで、プジョーはさらに最大10億ユーロを調達する可能性があるという。

また合意に含まれている産業計画によると、プジョーと東風汽は既存の合弁事業を拡大し、東南アジア市場でのシェア拡大に向け研究開発(R&D)で協力を強化する。

合意内容は来週発表されるプジョーの通年決算で明らかになる見通し。

プジョーは東風汽との提携交渉について、コメントを拒否した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below