Reuters logo
ロシアがウクライナに軍事介入へ、米大統領は深い懸念表明
2014年3月2日 / 03:47 / 4年前

ロシアがウクライナに軍事介入へ、米大統領は深い懸念表明

3月1日、ロシアのプーチン大統領(写真)は、ウクライナへの軍事介入について上院に承認を求め、同意を得た。欧米諸国はロシアに軍事介入を控えるよう求めていたことから、欧米とロシアの関係悪化は必至とみられる。モスクワで2月撮影。提供写真(2014年 ロイター/RIA Novosti)

[モスクワ/キエフ/ワシントン 1日 ロイター] -ロシアのプーチン大統領は1日、ウクライナへの軍事介入について上院に承認を求め、同意を得た。欧米諸国はロシアに軍事介入を控えるよう求めていたことから、欧米とロシアの関係悪化は必至とみられる。

プーチン大統領は、ロシア系住民などの保護を理由に、ウクライナへの軍事介入について承認を要求。上院は全会一致で承認した。大統領は介入の承認について「(ウクライナでの)社会、政治情勢が正常化するまで」と説明している。

オバマ米大統領はこれを受け、プーチン大統領と90分間にわたり電話で会談。オバマ大統領は、ウクライナでのロシアの行動が「国際社会でのロシアの立場に悪影響を及ぼすことになる」と述べ、ウクライナのロシア系住民をめぐる懸念は「平和的な手段で」表明すべきだとした。

ホワイトハウスは声明で、ロシアによるウクライナの主権や領土の一体性の侵害は国際法に違反するとし、オバマ大統領は深刻な懸念を示していると発表。また、米国はロシアのソチで予定されている主要8カ国(G8)首脳会合(サミット)の準備会合への出席を中止する方針を明らかにした。

ロシア政府によると、プーチン大統領はオバマ大統領に対し、ウクライナのロシア系住民が危険にさらされた場合、ロシアは保護する権利があると述べた。

ウクライナのヤツェニュク首相は、ロシアの軍事行動を「戦争の始まり、そしてウクライナとロシアのあらゆる関係の終結になる」として批判した。トゥルチノフ大統領代行は戦闘準備態勢に入るよう軍に指示。またDeshchytsya外相は欧州連合(EU)と米国の当局者と会談したほか、北大西洋条約機構(NATO)に対して「ウクライナの領土一体性と主権を保護するためのあらゆる可能性を検討するよう」求めた。

NATOのラスムセン事務総長はツイッターで、ウクライナ情勢を協議するため、NATO大使がブリュッセルで2日に会合を開くと明らかにした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below