Reuters logo
集団的自衛権の行使容認、必要最小限にとどまる=礒崎首相補佐官
2014年3月5日 / 10:23 / 4年前

集団的自衛権の行使容認、必要最小限にとどまる=礒崎首相補佐官

3月5日、礒崎陽輔首相補佐官は、集団的自衛権の行使について、容認する範囲は日本の自衛に必要な最小限のものにとどまるとの見通しを示した。写真は米海軍と合同訓練する海上自衛隊。昨年11月撮影。米海軍提供(2014年 ロイター)

[東京 5日 ロイター] -礒崎陽輔首相補佐官は5日、集団的自衛権の行使について、容認する範囲は日本の自衛に必要な最小限のものにとどまるとの見通しを示した。日本周辺で同盟国が攻撃されたときは行使の対象になるが、米国本土やアフガニスタンでの戦闘などに自衛隊を派遣することはないとした。

政府は集団的自衛権の行使容認に向けて憲法解釈の変更を検討しているが、都内の討論会に参加した礒崎補佐官は「憲法9条の精神から考えて、必要最小限度の範囲でしか日本の自衛権は行使できないという点は変えられない」と説明。その範囲に収まる集団的自衛権の行使を認めていくことになるとの考えを示した。

礒崎補佐官は、「アフガニスタンには行かない。米国本土がどこかの国から襲われたから、(自衛隊が)カリフォルニアまで行って米国を守るなんてことはできない」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below