Reuters logo
テニス=パリバOP、ドルゴポロフとフェデラーが4強入り
2014年3月14日 / 05:12 / 4年前

テニス=パリバOP、ドルゴポロフとフェデラーが4強入り

[インディアンウェルズ(米カリフォルニア州) 13日 ロイター] -テニスのBNPパリバ・オープンは13日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで試合を行い、男子シングルス準々決勝でアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)が第10シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を6─3、6─4で下し、ベスト4に進んだ。

3月13日、テニスのBNPパリバ・オープン男子シングルス準々決勝で、アレクサンドル・ドルゴポロフ(写真)が第10シードのミロシュ・ラオニッチを6─3、6─4で下し、ベスト4に進んだ。米カリフォルニア州で撮影(2014年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

3回戦でラファエル・ナダル(スペイン)を倒したドルゴポロフは、ビッグサーバーで知られるラオニッチのサービスゲームを3回ブレークし、80分足らずでストレート勝ち。「普段よりリターンが良かった。彼のサーブは本当にすごいので、良いリターンをしないといけなかった」と試合を振り返った。

第7シードのロジャー・フェデラー(スイス)は第17シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を7─5、6─1で下し、準決勝に進んだ。

12日に行われたベスト16では、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がマリン・チリッチを1─6、6─2、6─3の逆転で退け、準々決勝に進んだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below