Reuters logo
イオンが14年2月期営業減益予想に修正、食品スーパーなどで粗利低下
2014年3月14日 / 07:13 / 4年前

イオンが14年2月期営業減益予想に修正、食品スーパーなどで粗利低下

3月14日、イオンは2014年2月期の連結営業利益予想を1700億円(前年比10.9%減)に下方修正すると発表した。昨年1月、都内で撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] -イオン(8267.T)は14日、2014年2月期の連結営業利益予想を1700億円(前年比10.9%減)に下方修正すると発表した。従来計画は2000―2100億円で4.0―10.2%の増益計画だった。

総合スーパー(GMS)事業やスーパーマーケット(SM)事業で粗利益が計画未達となった。売上高に相当する連結営業収益は6兆円から6兆4000億円に予想を引き上げた。

GMS事業の中心であるイオンリテールにおいて、利益比率の高い12―2月期の売り上げが低迷したほか、SM事業も競争激化で収益が計画割れとなったという。

前期比では200億円程度の減益となるが、新規連結したダイエー8263.Tで20億円、イオンリテールで70億円、SM事業では新規連結のイオンマーケットを除く既存企業で45億円の減益要因になっているという。イオンマーケットは40億円の営業損失となっている。

ダイエーは14日、特別損失計上見込み額が明らかになったとして、14年2月期の当期損益が250億円の赤字になるとの見通しを公表した。

ダイエーについては、14年度に3期ぶりの黒字化を目指す。浜田和成イオン執行役は会見で「黒字化に必要なのは商品と改装」と指摘。グループプライベートブランド「トップバリュ」の導入を高めるほか、好立地店舗140店舗の活性化を優先して進める方針。

(清水律子)

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below