Reuters logo
焦点:自衛隊基地で変わる与那国島、中国にらんだ実効支配の最前線に
2014年4月18日 / 02:42 / 3年前

焦点:自衛隊基地で変わる与那国島、中国にらんだ実効支配の最前線に

4月18日、防衛省は19日に尖閣諸島(中国名:釣魚島)に近い沖縄県与那国島で基地建設に着手、海洋進出を活発化する中国への監視を強化する。写真は静岡県裾野市の演習場で訓練する自衛隊。昨年7月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] -人口1500人、警察官が2人しかいない国境の島が、100人規模の自衛隊員を駐留させる新たな防衛拠点に姿を変える。

防衛省は19日、尖閣諸島(中国名:釣魚島)に近い沖縄県与那国島で基地建設に着手、海洋進出を活発化する中国への監視を強化する。同島経済の拡大と人口増加も促し、南西諸島の実効支配をアピールしようという狙いだ。

<拳銃2丁に守られた島>

与那国島は尖閣諸島の南150キロ、台湾の東110キロにある日本最西端の島だ。防衛省はここに陸上自衛隊の沿岸警戒部隊を配備し、2015年度までに運用を始める。レーダーとともに陸上自衛隊の隊員約100人が駐留し、付近を航行する艦船や航空機の動きを監視する。

与那国島に基地を作るのは、日本が進める南西諸島の防衛力強化の一環。防衛省はほかにも離島の奪還を想定した水陸機動団の新設を決定、4月20日には那覇基地で早期警戒機E2Cの飛行部隊を新たに編成する。目的は、太平洋への進出をうかがい、東シナ海で動きを活発化させている中国へのけん制だ。

国境に近い最前線に位置しながら、与那国島には3つの集落のうち、中心地の祖納地区と西部の久良部地区に警察官が1人ずつ常駐するだけだった。島から目視で確認できるほど中国船の存在が日常化しているにもかかわらず、いまだに「拳銃2丁で守られている国境の島」と、町役場に勤める小嶺長典さんは言う。

駐留する自衛隊は監視が主な任務で、高い軍事能力を備えているわけではない。しかし、この島にレーダーを置けば、「中国本土に近いところまで照射が届くだろう。ミサイルの早期警戒ができるし、中国の部隊の動きを補足できる」と、防衛研究所の元研究員で、拓殖大学の佐藤丙午教授は話す。

仮に中国が台湾に軍事行動を起こした場合にも、北方から南下してくる艦船や航空機の行動を日本はつぶさに把握できる可能性があるという。

<TPPが経済に打撃>

自衛官の移住で経済を活性化し、過疎化の進行を防ぐのも基地を設置する狙いの一つだ。「国境の島の人口が減るのは、領土保全の面からよくない。人が住んでいないと実効支配が及ばなくなる恐れがある」と、政府関係者は話す。

第2次大戦後の混乱期に台湾との密貿易で栄えた与那国島の人口は、最盛期の1万2000人から1500人まで減少した。現在の主要産業はサトウキビ栽培と子牛の繁殖で、住民の平均所得は220万─230万円と全国平均を60万円ほど下回る。

しかも砂糖と牛肉は貿易自由化で関税が引き下げられ、安い外国産が流入する可能性がある。「畜産はオーストラリアとのEPA(経済連携協定)で関税が下がった。これでTPP(環太平洋連携協定)の交渉に砂糖が入れば、もう島は終わる」と、JAおきなわ与那国の船道哲男さんは言う。

<島民の賛否は五分五分>

100人程度の自衛隊員が駐留すると、家族を含め150─200人ほどの人口流入が想定されている。住民税などの納税が増えるほか、「若い隊員が来るので消費行動にも期待している。新しい店もできるだろう」と、町役場の小嶺さんは話す。

しかし、すべての島民がもろ手を挙げて基地を歓迎しているわけではない。基地の誘致を争点とした町長選は賛成派が勝利したものの、票は大きく割れた。島民への説明会でも反対意見が相次いだという。「賛成、反対は今も五分五分ぐらい」と、JAおきなわ与那国の船道さんは言う。「経済的には来たほうがいいが、基地があることで有事に攻撃を受けると懸念する声もある」と話す。

久保信博 編集:北松克朗

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below