Reuters logo
アシアナ航空機が着陸失敗で2人死亡、サンフランシスコ空港で
2013年7月7日 / 01:27 / 4年前

アシアナ航空機が着陸失敗で2人死亡、サンフランシスコ空港で

7月6日、米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で午前11時半(日本時間7日午前3時半)ごろ、乗客乗員300人以上が搭乗していたアシアナ航空214便ボーイング777型機が着陸に失敗、消防当局によると2人が死亡、130人が病院に運ばれた(2013年 ロイター/Jed Jacobsohn)

[サンフランシスコ/ソウル/東京 7日 ロイター] - 米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で6日午前11時半(日本時間7日午前3時半)ごろ、乗客乗員300人以上が搭乗していたアシアナ航空(020560.KS)214便ボーイング777型機が着陸に失敗、消防当局によると2人が死亡、130人が病院に運ばれた。

韓国ソウルにある本社でアシアナ航空が発表したところによると、同機には乗客291人、乗員16人が搭乗していた。乗客291人のうち、現時点で国籍が分かっているのは中国人が141人、韓国人77人、米国人61人だという。

共同通信は、日本人も1人乗っており、日本外務省は、日本人は軽傷を負ったが命に別条はないと明らかにした、と報じた。乗客は現地の日本総領事館担当者に電話で「事故機を無事に脱出した」と話したという。

負傷者の大半は軽傷だが、負傷者が運ばれたサンフランシスコのある病院によると、子ども2人を含む10人が重体だという。

地元テレビ局の映像によると、同機の尾翼は欠落し、天井部分を中心に胴体が焼失しており、機体の破片が滑走路に散らばっている。この日は天候が良く、風もほとんど吹いていなかった。米連邦航空局(FAA)によると、事故後、空港は閉鎖されているが、1つの滑走路はまもなく再開される可能性があるという。

FAAと米運輸安全委員会(NTSB)はそれぞれ現地に調査員を派遣。ボーイングはNTSBの調査に技術的支援を提供するとしている。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below