Reuters logo
ソーラー飛行機がニューヨークに到着、米大陸横断に成功
2013年7月8日 / 00:42 / 4年前

ソーラー飛行機がニューヨークに到着、米大陸横断に成功

7月6日、太陽エネルギーのみで飛行する有人ソーラー機「ソーラー・インパルス」がニューヨークに到着し、米大陸横断を達成した。写真はニューヨークで撮影(2013年 ロイター/Eric Thayer)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 太陽エネルギーのみで飛行する有人ソーラー機「ソーラー・インパルス」が6日遅く、ニューヨークに到着し、米大陸横断を達成した。

ソーラー・インパルスは今年5月にサンフランシスコを出発。約2カ月をかけダラスやセントルイスなどを経由し、最終経由地であるワシントン郊外のダレス空港を飛び立った後、米東部時間6日午後11時9分にジョン・F・ケネディ空港に着陸した。

同機はカーボンファイバー(炭素繊維)製で、機体は小型自動車ほどの重さ。翼長はジャンボジェット機とほぼ同じで、両翼には1万2000枚の太陽光パネルが取り付けられている。

当初は7日未明にニューヨークに到着するスケジュールが組まれていたが、左翼の下面に約2.5メートルの亀裂が見つかったのを受け、着陸予定を早めたという。

同機の開発には、スイスのエレベーター大手シンドラー(SCHN.S)の技術者らが参加しているほか、ベルギーの化学メーカー大手ソルベイ(SOLB.BR)も研究支援を行っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below