Reuters logo
独5月貿易黒字は縮小、輸出が09年末以来の大幅減
2013年7月8日 / 08:13 / 4年前

独5月貿易黒字は縮小、輸出が09年末以来の大幅減

[ベルリン 8日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した5月の貿易黒字(季節調整済み)は141億ユーロとなり、4月の175億ユーロから縮小した。ロイターがまとめたエコノミストの予想コンセンサスは175億ユーロだった。

輸出は前月比2.4%減と、2009年12月以来となる大幅減少を記録。減少率はロイターがまとめた予想中間値の0.4%減を大幅に上回り、予想レンジの下限である1.2%減もよりも大きく落ち込んだ。

ユーロ圏危機で欧州域内の需要が低迷し、中国経済が減速する中、今年に入りドイツの輸出は苦境に陥っている。

INGのシニアエコノミスト、Carsten Brzeski氏は「5月の独輸出は大きく落ち込み、独経済が加速することの難しさを依然として示している」と指摘。これはカレンダー効果や中国の需要低迷が要因だと付け加えた。

5月輸出の内訳(調整前)をみると、独輸出の4割を占めるユーロ圏向けが前年同月比9.6%減。欧州以外の各国への輸出は1.6%減。

独政府は、輸出が今年の国内総生産(GDP)を縮小させる方向に働くと予想。一方で、賃金の上昇や堅調な労働市場、緩やかなインフレを背景に、個人消費が成長を下支えするとみている。

<輸入は拡大>

一方、輸入は前月比1.7%増と、予想コンセンサスの0.5%増を大きく上回り、予想レンジの上限1.2%増も上回った。

ベレンバーグ銀行のクリスチャン・シュルツ氏は「輸入の拡大は内需が堅調なことを示している。これは消費と投資がGDPにプラスに働くため、ドイツの成長にとっては良いことだ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below