Reuters logo
ECB、ユーロ圏銀行資産調査にコンサルタント起用検討=関係筋
2013年7月8日 / 10:58 / 4年前

ECB、ユーロ圏銀行資産調査にコンサルタント起用検討=関係筋

7月8日、ECBは、加盟17カ国の銀行が保有する資産の質について調査するコンサルタントを雇うことを検討していることが、関係筋の話で明らかになった。写真は2011年12月、フランクフルトのECB本部前で撮影(2013年 ロイター/Alex Domanski)

[ロンドン 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は、ユーロ圏内銀行の監督を担う以前の段階として、加盟17カ国の銀行が保有する資産の質について調査するコンサルタントをそれぞれの国について雇うことを検討していることが、関係筋の話で明らかになった。

一人の関係筋によると、ECBは独自にこの調査を行うには人的資源が不足しているため、コンサルタントを雇うことを考えているという。

ECBのメルシュ専務理事は先月、ECBが来年から域内銀行の監督を担うに当たり、各国の規制当局や民間から1000人以上のスタッフを雇用する必要があるとの見方を示した。

このスタッフがそろう前に、銀行資産の質に関する調査は実施される予定だ。関係筋によると、この調査で別々の国を担当するコンサルタントはフランクフルトに設置される本部に情報を集めることになる。調査は150銀行を巻き込む大規模なものとなるため、ECBはフランクフルトでこの調査を管理する複数のコンサルタントを別途雇うことも検討している。

コンサルタントについての決定は、域内銀行の監督のための監督委員会が任命されるまでなされない可能性がある。この任命は早くても9月になる可能性がある。

銀行の質についての調査の結果は、次回の欧州全体の銀行のストレステストに取り込まれることになる。ストレステストは2014年中旬に予定されている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below