Reuters logo
スノーデン問題で米ロ関係悪化、G20の開催地変更を=米有力議員
2013年8月5日 / 03:02 / 4年前

スノーデン問題で米ロ関係悪化、G20の開催地変更を=米有力議員

8月4日、米民主党のシューマー上院議員(写真)は、米ロ関係は悪化したと指摘し、来月のG20首脳会議の開催地をロシアのサンクトペテルブルクから変更することを検討するようオバマ米大統領に促した。写真は昨年9月、ノースカロライナ州で撮影(2013年 ロイター/Eric Thayer)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米民主党のシューマー上院議員は4日、米ロ関係は悪化したと指摘し、来月の20カ国・地域(G20)首脳会議の開催地をロシアのサンクトペテルブルクから変更することを検討するようオバマ米大統領に促した。

シューマー議員は、米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者(30)に1年間の亡命を認めることでロシアのプーチン大統領は米国を苛立たせようとしていると非難。

CBSテレビのトーク番組「フェイス・ザ・ネーション」で、「プーチン大統領は学校でのいじめっ子のように振る舞っている。私の経験から言うと、そうしたいじめっ子には立ち向かわない限り、ますます要求が激しくなる」と語った。

また、オバマ大統領は、来月のG20会合でロシアを訪問した際にモスクワで行われる見通しの二国間首脳会議を取りやめるべきだと指摘した。

さらに大統領に対し、G20首脳会議の開催地を他国に変更することを「可能ならば関係国に促すよう」求める意向を示した。

ホワイトハウスは、スノーデン容疑者の亡命をロシアが認めたことを受け、オバマ大統領がモスクワに立ち寄るのをやめるかどうか明らかにしていない。

シューマー議員はスノーデン問題を受けて米ロ関係は冷戦以降最も険悪になったとの見解を示した。

*カテゴリーを追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below