Reuters logo
ドルが対円で下落、米FRBの緩和縮小観測後退で売り圧力継続
2013年8月5日 / 15:37 / 4年前

ドルが対円で下落、米FRBの緩和縮小観測後退で売り圧力継続

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 5日序盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で下落している。前週2日発表の7月の米雇用統計を受け米連邦準備理事会(FRB)が近く緩和縮小に着手するとの観測が後退したことで、売り圧力が継続している。

8月5日、序盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で下落している。写真はドル紙幣を数える女性。ヤンゴンで5月撮影(2013年 ロイター/Soe Zeya Tun)

ドル/円は0.3%安の98.62円。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below