Reuters logo
中国、太陽光発電関連製品メーカーへの税制優遇措置を発表
2013年9月30日 / 06:07 / 4年前

中国、太陽光発電関連製品メーカーへの税制優遇措置を発表

9月29日、中国財務省は、太陽光発電関連製品メーカーに対する税制優遇措置を発表した。写真は16日、甘粛省で撮影(2013年 ロイター/Carlos Barria)

[上海 29日 ロイター] - 中国財務省は29日、太陽光発電関連製品メーカーに対する税制優遇措置を発表した。需要が弱く大幅な供給過剰となっている同業界を支援する。

財務省はウェブサイト上で発表した短い声明で、太陽光発電関連製品メーカーに対して直ちに付加価値税の50%を還付すると明らかにした。

8月下旬には中国国家発展改革委員会(NDRC)が太陽光発電所に対して補助金を交付している。

今回の措置について中国国営の新華社は「わが国における肥大化した太陽光発電産業の見通しは厳しい。多くの企業が債務に苦しんでいる」と報じた。中国可再生能源学会によると、同国の太陽光パネルメーカー上位10社は1000億元(163億4000万ドル)に上る債務を抱えており、資産負債比率は平均で70%を超えているという。

中国政府は業界再編を望んでいるが、業界は中央や地方自治体による保護を享受している。雇用者数も多いため、特に地方自治体からの保護は手厚くなっている。

LDKソーラーLDK.Nの債券の一部は4月にデフォルトに陥り、8月にも支払いが滞った。サンテック・パワー・ホールディングス(尚徳太陽能電力)STP.Nは、負債再編をめぐって数人の幹部が辞任した数週間後の今月半ばに最高経営責任者(CEO)のデービッド・キング氏が辞任したことを明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below