Reuters logo
訂正:8月完全失業率は4.1%に悪化、持ち直しの動き継続
2013年10月2日 / 01:30 / 4年前

訂正:8月完全失業率は4.1%に悪化、持ち直しの動き継続

10月1日、総務省が発表した労働力調査によると、8月の完全失業率(季節調整値)は4.1%で、7月(3.8%)から悪化した。都内で2009年4月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 1日 ロイター] - 総務省が1日発表した労働力調査によると、8月の完全失業率(季節調整値)は4.1%で、7月(3.8%)から悪化した。ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では3.8%が予測中央値だった。完全失業率の上昇は6カ月ぶり。

失業率の悪化の原因について総務省では、非労働力人口(季節調整値)が前月比(訂正)15万人減少したほか、自発的離職が8万人増加するなど、雇用環境の改善を背景に労働市場に参入する動きや、よりよい職を求める動きが出ている結果と分析している。総務省では「景気回復局面で失業率が一時的に上がる傾向は過去にもあった。(雇用情勢は)引き続き持ち直しの動き」とみている。

一方、厚生労働省が発表した8月の有効求人倍率(季節調整値)は0.95倍で、7月から0.01ポイント上昇した。これは2008年5月の0.95倍以来、5年3カ月ぶりの高水準。ロイターの事前予測調査の中央値0.95倍と同じだった。

有効求人数は前月比0.5%増。有効求職者数は同0.4%減となった。

*1日に配信した以下の記事で、本文2段落目の「前年比」を「前月比」に訂正します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below