Reuters logo
オバマケアの保険取引所、障害やアクセス集中で出足つまずく
2013年10月2日 / 06:29 / 4年前

オバマケアの保険取引所、障害やアクセス集中で出足つまずく

10月1日、オバマ政権が推進する医療保険改革(オバマケア)の目玉となるオンライン保険取引所の運営が、1日に50州で始動した。写真はオバマケアに関する市民(左)からの問い合わせに応じる担当者。フロリダ州マイアミで撮影(2013年 ロイター/Joe Skipper)

[1日 ロイター] - オバマ政権が推進する医療保険改革(オバマケア)の目玉となるオンライン保険取引所の運営が、1日に50州で始動した。だが、技術的な問題とインターネット上のトラフィック(アクセス数)集中で、開始が遅れる州もみられた。

オバマケアに基づき保険への加入が義務付けられるのは2014年1月1日からだが、この日からこのネット上の取引所を通じて加入申請が開始された。何百万人もの無保険者に所得に応じた補助金を支給して、医療保険に加入させることを目指す。

米国の社会保障プログラムとしては1960年代にメディケア(高齢者向け公的医療保険)が導入されて以降、最も野心的な政策となる。

ロイターは47州の取引所に1日アクセスしたが、エラーやアクセス過多とのメッセージが頻繁に表示された。特に、州に代わって連邦政府が運営する36のサイトではこの現象が顕著だった。セキュリティに関する入力を求める画面では、何も表示されないか、入力が受け付けられないという技術上の問題も発生した。カンザス州の担当者は、登録に当たって「バグ(不具合)」を解決するため数週間アクセスを待つよう要請した。

保健福祉省によると、午前0時からHealthCare.govを280万人が閲覧したほか、電話による問い合わせが8万1000件、チャットによる問い合わせが6万件あったという。保険加入を申し込んだ人数などは明らかにしていないが、サイトの表示速度の向上に努めていると明らかにした。

一方、州が運営する取引所のパフォーマンスはまちまち。コネティカット、ロードアイランドおよびカリフォルニア州の利用者は情報を登録することができた。ケンタッキー州では1000人以上の保険加入申し込みがあったといい、コロラド州では1300人のアカウントが作成されたという。

メリーランド州では開始が数時間遅れ、開始後もアクセスが中断するケースがあった。

取引所は3月31日まで申請を受けつけるが、政府は加入するのに数週間程度の遅れが発生する可能性を示唆していた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below