Reuters logo
オバマ米大統領のアジア歴訪、政府機関閉鎖で中止の可能性も
2013年10月2日 / 06:44 / 4年前

オバマ米大統領のアジア歴訪、政府機関閉鎖で中止の可能性も

[クアラルンプール/ワシントン 2日 ロイター] - オバマ米大統領は、米政府機関が一部閉鎖されたことを受け、アジア4カ国歴訪の日程を短縮した。

10月2日、マレーシアの政府系紙はオバマ米大統領が来週予定されていたマレーシア訪問を中止したと伝えた。今月1日撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)

ホワイトハウスの2日の発表によると、オバマ大統領のマレーシア訪問とフィリピン訪問は中止された。残り2カ国の訪問についてもホワイトハウスは未定としている。

大統領は5日に米国を発ち、インドネシアとブルネイでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議など一連の首脳会合に出席し、その後マレーシアとフィリピンを訪問する予定だったが、ホワイトハウスは今週末までの情勢次第でインドネシアとブルネイへ行くかどうかを判断するとしている。

複数のマレーシア政府系紙によると、マレーシアにはケリー国務長官が大統領の代理として派遣される。

大統領のアジア歴訪は10月6─12日で計画されていた。

10月中旬には、政府機関閉鎖よりも影響が深刻な債務上限引き上げ問題の期限が控えている。引き上げられなければ米国はデフォルト(債務不履行)に陥り、米経済だけでなく世界経済にも影響が広がる恐れがある。

*内容を追加し、見出しを変えて再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below