Reuters logo
五輪=モスクワのドーピング検査所、認可停止処分も
2013年11月19日 / 00:26 / 4年前

五輪=モスクワのドーピング検査所、認可停止処分も

[モスクワ 18日 ロイター] -世界反ドーピング機関(WADA)は、来年のソチ冬季五輪で使用される予定であるモスクワの検査所に対し、12月1日までに運営方法を改善しなければ、認可停止処分とするとの方針を明かした。

WADAは声明で、独立した専門家が作成した品質管理プログラムを導入しなければ、同検査所を6カ月の認可停止処分とすると発表。処分を受けた場合、この検査所は来年2月7日に開幕するソチ五輪で、競技者の血液検査や尿検査を行えなくなる。

WADAは来年4月1日を2回目の期限に設定。同検査所が期限内に要求を満たせば、認可停止処分は適用されないとした。

同検査所は21日以内に、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行うことができる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below