Reuters logo
中国への海外直接投資、1─10月は前年比+5.8%
2013年11月19日 / 07:32 / 4年前

中国への海外直接投資、1─10月は前年比+5.8%

[北京 19日 ロイター] -中国商務省は19日、海外から中国への直接投資が1─10月は前年同期比5.8%増の970億ドル、10月単月では前年同月比1.2%増の84億ドルになったと発表した。

1─10月のアジア10カ国・地域からの対中国海外直接投資(FDI)は前年比7.2%増の836億ドル。

欧州連合(EU)からは22.3%増、米国からは12.4%増となった。

商務省の沈丹陽・報道官は定例会見で、「アジア諸国、EU、米国からの投資が全て10カ月間にわたり比較的大きな伸びを維持した」と述べた。

商務省は通年のFDI総額が2012年と同様の水準になるとの見通しを示している。

業種別の内訳は、製造業への投資が5.3%減の383億ドルとなった一方で、サービス業への投資は13.9%増の498億ドルとなった。

中国から海外へのFDI(金融会社を除く)は1─10月に695億ドルとなり、前年比20%増加した。そのうち、不動産部門への投資は95%増の17億ドル、建設部門への投資は426%増の51億ドルとなった。

沈報道官は、輸出の見通しについて、不透明な需要、賃金や環境関連コストの上昇、元相場の急上昇、競争の激化を理由に、慎重な見方を示した。

「年内だけでなく比較的長期にわたり、中国の輸出は様々な要因で厳しい環境に置かれるだろう」と述べた。ただ、政府が掲げる通年の貿易の伸び率で8%という目標については、「達成するのが全く不可能というわけではない」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below