Reuters logo
欧州株式市場=反落、アイカーン氏の弱気発言で企業業績懸念
2013年11月19日 / 18:32 / 4年後

欧州株式市場=反落、アイカーン氏の弱気発言で企業業績懸念

[ロンドン 19日 ロイター] -19日の欧州株式市場は薄商いのなか反落。米著名投資家のアイカーン氏が18日に示した株式に対する弱気なコメントを受け、投資家の焦点は欧州企業の業績に向けられた。

FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は8.43ポイント(0.65%)安の1295.82。

DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは32.13ポイント(1.04%)安の3049.17。1日としては8月30日以来の大幅な下げとなった。

前日最高値を更新した独クセトラDAX指数.DAXも0.4%下落した。

アイカーン氏はロイター・グローバル・インベストメント・アウトルック・サミットで、多くの企業の業績が経営そのものよりも、低水準の借り入れコストによって押し上げられていることから、株価が「急落」する恐れがあるとし、株式市場の動向に「非常に慎重」になっているとの見解を示した。

アイカーン氏の発言は主に米国に向けられたものだったが、より広範な企業のファンダメンタルズに投資家の注目が集まる格好となった。

トムソン・ロイター・スターマインのデータによると、今回の決算期では、欧州企業の約48%が市場予想を下回った。

品質・安全性評価サービス大手のインターテック(ITRK.L)の下げが目立った。業績低迷の懸念を示したことを受け、商いを伴い2.5%下落した。

格安航空のイージージェット(EZJ.L)は逆行高。通年利益が51%増加したことや特別配当を支払う方針を好感し、7.1%上昇した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below