Reuters logo
米株は小幅安、ホーム・デポはダウを下支え
2013年11月19日 / 21:28 / 4年前

米株は小幅安、ホーム・デポはダウを下支え

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 19日の米国株式市場は小幅安。失望を誘う業績見通しを発表した家電量販店チェーンのベスト・バイ(BBY.N)が売られ、下げを主導した。ただ、ホーム・デポ(HD.N) が市場予想を上回る決算を手掛かりに上昇し、ダウを下支えた。

11月19日、米国株式市場は小幅安。写真はニューヨーク証券取引所(2013年 ロイター/Brendan McDermid)

ダウ工業株30種.DJIは8.99ドル(0.06%)安の1万5967.03ドル。

ナスダック総合指数.IXICは17.52ポイント(0.44%)安の3931.55。

S&P総合500種.SPXは3.66ポイント(0.20%)安の1787.87。

ベスト・バイ(BBY.N)は11%安。8─10月期決算が黒字転換したものの、年末商戦で利益率が悪化するとの警戒感から売られた。

ホーム・デポ(HD.N)は0.9%上昇。決算で利益と売上高が予想を上回ったことや、通期の業績見通し引き上げが好感された。

バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、狭いレンジ取引に終始した。ベスト・バイや食品大手キャンベル・スープ(CPB.N)が慎重な業績見通しを示したことを手掛かりに、一部の銘柄で売りが膨らんだ。

ダウ平均は取引時間中に一時、節目の1万6000ドルを超えたが、昨日に続いて引け値では大台を維持できなかった。

ソラリス・アセット・マネジメントの最高投資責任者(CIO)、ティム・グリスキー氏は「相場はここ2日間ほどやや不安定で、この水準が上値だというサインだ。しかし悪材料に対しては非常に底堅く、債券など固定金利商品から株などリスク資産に資金がシフトし続けている」と話した。

市場はFRBの緩和縮小時期を占う手掛かりとして、20日に発表される10月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に注目している。

キャンベル・スープは利益が市場予想を大幅に下回り、通期の業績見通しも引き下げたことが重しとなり、6.2%下げた。

電気自動車大手テスラ・モーターズ(TSLA.O)は乱高下したが、結局3.7%高で引けた。高級セダン「モデルS」が過去6週間で3件の火災事故を起こしたことを受け、米道路交通安全局(NHTSA)が調査を開始した。

BATS取引所のデータによると、ニューヨーク証券取引所とナスダック、NYSE・MKTの合算出来高は約58億株で、5日平均の約61億株を下回った。

騰落銘柄比率はニューヨーク証取がおよそ2対1の割合で下げが上げよりも多く、ナスダックも2対1の割合で下落銘柄数の方が多かった。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値(非公式)    15967.03(‐8.99)

前営業日終値    15976.02(+14.32)

ナスダック総合.IXIC

終値(非公式)    3931.55(‐17.52)

前営業日終値    3949.07(‐36.90)

S&P総合500種.SPX

終値(非公式)    1787.87(‐3.66)

前営業日終値    1791.53(‐6.65)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below