Reuters logo
仏トタルのベルギー石油精製施設で爆発、2人死亡
2013年11月19日 / 22:33 / 4年前

仏トタルのベルギー石油精製施設で爆発、2人死亡

[パリ/ブリュッセル 19日 ロイター] -フランスの石油大手トタル(TOTF.PA)がベルギーのアントワープに所有する石油精製施設で19日爆発があり2人が死亡し、ガソリン生産がストップした。

同施設は欧州第2位の規模で精製能力は日量34万バレル。

トタルによると爆発は1400GMT(日本時間午後11時)ごろガソリン精製プラントで起きた。これにより下請け業者の従業員2人が死亡した。火災は起きておらず炭化水素ガスの漏えいもないとしている。

アントワープ港関係者は、タンカーの出入りに影響は出ていないと述べ、爆発事故によって出入港が止まったとの報道を否定した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below