Reuters logo
米スーパーボウルのハーフタイム、空から登場のガガが愛国歌熱唱
2017年2月6日 / 04:36 / 7ヶ月前

米スーパーボウルのハーフタイム、空から登場のガガが愛国歌熱唱

 2月5日、米テキサス州ヒューストンで行われたナショナル・フットボールリーグ(NFL)王者決定戦「スーパーボウル」のハーフタイムショーに米歌手レディー・ガガが登場し、13分間のパフォーマンスを繰り広げた(2017年 ロイター/Matthew Emmons-USA TODAY Sports)

[ロサンゼルス 5日 ロイター] - 米テキサス州ヒューストンで5日行われたナショナル・フットボールリーグ(NFL)王者決定戦「スーパーボウル」のハーフタイムショーに米歌手レディー・ガガが登場し、13分間のパフォーマンスを繰り広げた。

ガガがNRGスタジアムの天井の上に立って「ゴッド・ブレス・アメリカ」を歌い始めると、背景の夜空には複数のドローンが米国旗の模様に輝いた。ガガはこの曲を歌うと、米国への「忠誠の誓い」の言葉を引用して「全ての人々に自由と正義が約束された不可分のひとつの国家」とつぶやいた。この言葉は、分断する現在の米国にあって、多様性の受け入れと団結を訴えるメッセージとなった。

シルバーのスパンコールを散りばめたボディスーツとブーツ姿のガガはその後、ケーブルで宙刷りになってステージに舞い降り、「ポーカー・フェイス」「ボーン・ディス・ウェイ」などのヒット曲を次々と熱唱、ピアノを弾きながら歌う場面もあった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below