Reuters logo
仏大統領候補ルペン氏、決選投票直前に欧州議会招致か 資金疑惑で
2017年4月17日 / 02:13 / 6ヶ月前

仏大統領候補ルペン氏、決選投票直前に欧州議会招致か 資金疑惑で

 4月15日、欧州議会法務委員会のローラ・フェラーラ副委員長は、フランス大統領選の有力候補の1人、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首によるEU資金の不正流用疑惑で、欧州議員としての免責特権停止を巡る聴聞会を大統領選決選投票の直前に実施する可能性があることを明らかにした。写真は3月パリで撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[ブリュッセル 15日 ロイター] - 欧州議会法務委員会のローラ・フェラーラ副委員長は15日、フランス大統領選の有力候補の1人、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首によるEU資金の不正流用疑惑で、欧州議員としての免責特権停止を巡る聴聞会を大統領選決選投票の直前に実施する可能性があることを明らかにした。

ルペン氏が党秘書への給与に欧州議会の資金を不正受給したとされる問題については、フランスの判事らが欧州議員としての免責特権停止を要請している。

フェラーラ氏はロイターに対し「法務委は5月のできるだけ早い日程でルペン氏を聴聞会に呼ぶことで一致した」と述べた。

同氏によると、聴聞会は5月7日に予定される仏大統領選の決戦投票に先立ち、当月の第1週に行われる可能性がある。

ルペン氏はこうした法的手続きに対して、政治介入だと非難している。

世論調査でルペン氏は、今月23日の第1回投票では1位か2位となり、上位2位による決戦投票に進むとみられている。ただ、同氏と他の主要3候補との支持率の差は小さく、大混戦の様相となっている。

フェラーラ氏は、ルペン氏は同委員会の聴聞会を欠席する可能性があると語った。

欧州議会は3月、ルペン氏が過激派組織の暴力的画像をソーシャルメディアに投稿したとされる問題で、フランス当局による捜査を可能にするため同氏の免責特権を停止する決議を採択している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below