Reuters logo
ロンドンで靴の展覧会、古代から現代に至る250足展示
2015年6月11日 / 08:21 / 2年前

ロンドンで靴の展覧会、古代から現代に至る250足展示

 6月10日、英ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で13日から、大規模な靴の展示会が来年1月までの予定で開催される。ロイターテレビの映像から(2015年 ロイター)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で13日から、大規模な靴の展示会が来年1月までの予定で開催される。金の装飾が付いた古代エジプトのサンダルから、3Dプリンターで製作された近未来的な靴まで、約2000年におよぶ世界中の250足以上の靴のコレクションが展示される。

「靴:楽しみと苦痛」と題された展示会では、ビクトリア女王のほか、マリリン・モンローやレディー・ガガなど世界のセレブが履いた靴や、1948年のイギリス映画「赤い靴」でモイラ・シアラーが履いたバレエシューズも展示される。

また、セレブ御用達のデザイナー、ジミー・チュウ、マノロ・ブラニク、クリスチャン・ルブタンの作品や、1993年にファッションショーであまりのヒールの高さにスーパーモデルのナオミ・キャンベルが転倒したことで知られるヴィヴィアン・ウェストウッドの「スーパー・エレベーテッド・ギリー」も見ることができる。

展示会の責任者は「靴は、履いている人の地位を示すものであり、歴史を通じて、ほぼすべての文化において非常に重要なもの」と述べている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below