Reuters logo
人類の祖先とされる「ルーシー」、死因は木からの転落か=研究
2016年8月31日 / 02:12 / 1年前

人類の祖先とされる「ルーシー」、死因は木からの転落か=研究

 8月29日、テキサス大学の研究チームは、「ルーシー」と名付けられた318万年前の化石人骨について、CT撮影の画像を検証した結果、木からの転落が死因だった可能性があると発表した。提供写真(2016年 ロイター/The University of Texas at Austin)

[オースチン(米テキサス州) 29日 ロイター] - テキサス大学の研究チームは29日、「ルーシー」と名付けられた318万年前の化石人骨について、CT撮影の画像を検証した結果、木からの転落が死因だった可能性があると発表した。

上腕骨の骨折が見つかり、左肩にもそれほどひどくない骨折があった。さらに骨格全体に圧迫骨折もみられた。

研究チームのジョン・ケップルマン教授によると、「かなりの高所から転落した意識のある犠牲者が、落下の衝撃を和らげようと腕を広げた際の負傷」と一致するという。

同教授は「ルーシーはもはや単なる人骨ではない。木の下に小さな骨折した体を無力に横たえた一人のヒトになった」と語った。

人類の祖先として良く知られた「ルーシー」は、1974年にエチオピアで発見された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below