Reuters logo
マレーシアの移民収容所、2年で118人死亡=報告書
2017年3月30日 / 08:01 / 6ヶ月前

マレーシアの移民収容所、2年で118人死亡=報告書

[クアラルンプール 30日 ロイター] - マレーシアの移民収容施設で2015─16年、疾病などにより118人の外国人が死亡していたことがわかった。政府系の国家人権員会の報告書をロイターが入手した。

マレーシアの移民当局から提供されたデータを基にした死者数は、2015年が83人、2016年が12月20日までで少なくと35人だった。計118人うち、63人はミャンマー出身者だという。

近隣諸国と比べて死亡率が高いのかどうかは不明だが、米国では、前会計年度における移民収容施設での死者数は10人だった。

委員会の幹部の1人で、いくつかの移民収容施設を訪れているジェラルド・ジョセフ氏は、施設の状況を「凄惨」と形容し、劣悪な衛生状態や食料不足、身体的な虐待、医療ケア不足などが病気の原因になっている可能性があると指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below