Reuters logo
マレーシアで北朝鮮企業が武器取引に関与、現地警察が存在認める
2017年2月28日 / 03:13 / 7ヶ月前

マレーシアで北朝鮮企業が武器取引に関与、現地警察が存在認める

 2月28日、マレーシアのカリド・アブバカル警察長官(写真)は、国内で北朝鮮企業2社が武器取引に関与しているとしたロイターの報道について、存在を認めたうえで、「国外追放する」過程にあると述べた。写真はクアラルンプールで22日撮影(2017年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[クアラルンプール 28日 ロイター] - マレーシアのカリド・アブバカル警察長官は28日、国内で北朝鮮企業2社が武器取引に関与しているとしたロイターの報道について、存在を認めたうえで、「国外追放する」過程にあると述べた。

2社は「インターナショナル・グローバル・システム」と「インターナショナル・ゴールデン・サービシズ」と呼ばれている。

長官は声明で「(北朝鮮)関連制裁に基づく国際規制を順守するため、あらゆる措置を講じている」と説明した。

ロイターは27日、北朝鮮の情報機関が管理するマレーシアの武器関連企業の存在について報じていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below