Reuters logo
テニス=シャラポワの復帰出場経緯、WTAトップが弁明
2017年4月27日 / 03:03 / 5ヶ月前

テニス=シャラポワの復帰出場経緯、WTAトップが弁明

 4月26日、女子テニスツアーを統括するWTAのスティーブ・サイモンCEOは、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(写真)がドーピング違反による出場停止処分が明けた直後にワイルドカードを得て実戦復帰を果たした経緯について、特別扱いではないと弁明した(2017年 ロイター/Ralph Orlowski)

[26日 ロイター] - 女子テニスツアーを統括するWTAのスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)がドーピング違反による1年3カ月の出場停止処分が明けた直後にワイルドカードを得てポルシェ・グランプリに出場し復帰を果たした経緯について、特別扱いではないと弁明した。

シャラポワは当初2年の出場停止処分を受けたが、のちに1年3カ月に短縮。特別扱いを受けていると何人かの選手が怒りを示していた。

サイモンCEOは英BBCに対し、他競技のリーグやツアーを見ても、処分明けの選手たちはすぐに競技に戻り実戦復帰を果たしているとしたうえで、「彼女はゼロからのやり直しとなり、大きな大会でのシード順位に影響が出るため、しばらくの間は代償を支払うことになる」と説明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below