Reuters logo
欧州株式市場=景気敏感株主導で反発、米景気回復への楽観的な見方強まる
2013年7月8日 / 18:35 / 4年前

欧州株式市場=景気敏感株主導で反発、米景気回復への楽観的な見方強まる

[ロンドン 8日 ロイター] - 8日の欧州株式市場は薄商いの中、反発。米景気回復をめぐる楽観的な見方が高まる中、景気敏感株が上昇を主導した。

FTSEユーロファースト300種指数 は16.13ポイント(1.39%)高の1179.68。

前営業日は、市場予想を上回る米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小前倒し観測が強まり、同指数は1.3%下落していた。

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「市場は、(刺激策)縮小がプラス、マイナスいずれに働くかを判断しようとしている」との見方を示した。

DJユーロSTOXX50種指数 は54.84ポイント(2.11%)高の2650.85。

この日は保険 、化学 、ハイテク などの景気敏感株が好調で、1.8─2.1%上昇した。

半面、ディフェンシブ銘柄のヘルスケア や食品・飲料 はいずれも0.9%と小幅な上昇にとどまった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS) の上昇が目立ち、4.4%高。少数株主が、英政府の提案する同行の分割案を阻止することが可能との報道が材料視された。

鉱山株 は1.4%高。トレーダーは、この日米市場引け後に発表される米アルコア の決算を控え、やや警戒感が見られたと指摘した。

ただ、アナリストの間からは、FTSEユーロファースト300種指数の出来高が90日平均の74.5%にとどまったことから、値動きが誇張されたとの声も聞かれた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below