Reuters logo
独連邦短期債の利回り低下、心配していない=債務管理庁
2017年2月23日 / 08:26 / 7ヶ月前

独連邦短期債の利回り低下、心配していない=債務管理庁

[ロンドン 23日 ロイター] - ドイツの債務管理庁の広報官は、連邦短期債の利回りが今週、過去最低の水準となっていることに関し、懸念はしていないと述べた。ただ、市場動向を注視していく姿勢も示した。

22日、2年債利回りはマイナス0.92%と、月初から18ベーシスポイント(bp)低下した。月間でも過去4年でこれほど大幅に低下したことはない。

フランス大統領選に対する不透明感により、資金の逃避先とみなされている独連邦債の需要を増加させたとみられる。

債務管理庁のアレクサンドラ・ボイスト広報官は22日遅く、「動向を注視しているが、心配はしていない」と言明。「欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れで需要が増えていることが主な理由だ」と述べた。起債額は政府の資金ニーズによって決められているため、短期国債を増額する予定はないという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below