東南アジア株式=まちまち、マレーシアは終値ベースで最高値

2013年 04月 10日 20:22 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [10日 ロイター]  10日の東南アジア株式市場の株価は、クアラルンプール市場が終値ベースの史上最高値を記録した。海外資金の力強い流入に支えられた。中国貿易統計も投資家心理を押し上げた。

 クアラルンプール総合株価指数(KLCI)は0.35%高の1696.20で終了した。マレーシアの携帯電話最大手マキシス(MXSC.KL: 株価, 企業情報, レポート)が2.4%高と、KLCIの上昇を主導した。

 この日の海外勢の買越額は5289万ドル。年初来の買越額は35億ドルに上る。

 今年に入って海外勢のマレーシア株買いは力強い。近く実施される総選挙がマレーシアの政治的な不確定要素を取り払う助けになるかもしれないとの期待が背景にある。

 マニラ市場の主要株価指数PSEi.PSIは1週間ぶり高値に上伸。前日終値比1.24%高の6815.84で引けた。持ち株会社が上昇を主導。

 HSBCは第2四半期戦略リポートで、フィリピン株に対する「アンダーウェート」の評価を維持した。マニラ市場は世界でも特に株価が高い市場の一つとみなされている。HSBCはシンガポール株については「オーバーウェート」に投資判断を引き上げたほか、タイ株も「ニュートラル」に引き上げた。インドネシア株については「オーバーウェート」を維持した。

 バンコク市場のSET指数.SETIは1.33%高の1490.25で引けた。前日までの2営業日では3.9%下げていた。

 一方、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI).FTSTIは0.10%安の3293.25。ジャカルタ市場の総合株価指数.JKSEは0.45%安の4877.48。ホーチミン市場のVN指数.VNIは2.74%安の496.50。

 

 
 
 

注目の商品

写真
年金生活者という「ジレンマ」

総人口の3割を占めるにまで増加した年金生活者によって、賃金や雇用改善が波及せず、物価は上げたいが、物価が上がり過ぎては消費を押さえてしまう日銀にとっての「ジレンマ」に。  記事の全文 

外国為替フォーラム

写真
年内にドル110円か130円か

年間レンジの傾向から、ドル円は年後半にヤマ場を迎え、110円か130円のいずれかを目指すとJPモルガンの佐々木融氏は予想。  記事の全文 

 
写真
FRBは利上げ時機逃したか

米国金融政策の行方は極めて不透明になっており、利上げの時機を逸した可能性もあると、三菱東京UFJ銀行の鈴木敏之氏は分析。   記事の全文 

 
ビデオ:原油もうひと波乱=柴田明夫氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
 
ギリシャ危機でユーロ反落か=鈴木健吾氏
 
格下げは悪い円安予兆か=植野大作氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円
NY市場サマリー(22日) 2015年 05月 23日 07:37 JST 

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
写真
インドで味わう「苦い教訓」

出資したインドの不動産サイトでソフトバンクが学ぶ苦い教訓とは。  記事の全文 

 
写真
長期金利のカギは「時間軸」

米欧長期金利の安定化のカギはゼロ金利の「時間軸」だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式
 
今の市場は「根拠なき熱狂」か

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。