PR

日米首脳会談、尖閣問題で日本は冷静に対応と説明=安倍首相

2013年 02月 23日 04:37 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [ワシントン 22日 ロイター] 安倍晋三首相は22日、米ホワイトハウスでオバマ大統領と会談し、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題をめぐり、日本は冷静に対応すると伝えたことを明らかにした。

 尖閣諸島をめぐる日中対立で、日本はこれまで通り常に冷静に対応していくと説明したとしている。

 また日米同盟の存在が地域の安定化要因になっていると述べた。

 北朝鮮問題をめぐっては、追加制裁を協議したことを明らかにした。


 
 
ロイターTVの映像から

過去に「深刻なうつ病」報道も

独旅客機事故で、故意に機体を墜落させたとみられている副操縦士が、過去にうつ病を患い、療法を受けていたと独ビルト紙が報じた。  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

写真
「日銀トレード」復活で強気論

長期金利に再び低下圧力がかかり始めた。今年度末にかけた好需給が意識される中で、新発国債購入直後に日銀に売却して利ザヤを稼ぐ「日銀トレード」が再び機能し始めたとの見方が浮上。10年債・0.3%割れの可能性も視野に入り始めた。  記事の全文 

外国為替フォーラム

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。