中国、不動産投機の抑制は長期政策─政府高官=証券時報

2011年 06月 2日 11:59 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [上海 2日 ロイター] 2日付の証券時報によると、中国住宅都市農村建設省の調査担当副責任者Qin Hong氏は、不動産市場の投機抑制は中国の長期政策だと語った。住宅価格の上昇抑制はインフレ期待の抑制につながるほか、貧富の格差拡大をめぐる社会的な不満を和らげる可能性があるとの見解を示した。

 同氏はまた、政府が不動産セクターへの融資を抑制していることから、不動産開発会社は証券発行を通じた資金調達にシフトするべきだと指摘した。

 さらに、一部の都市での住宅購入規制や不動産税の導入により、今後の住宅価格に対する人々の見方が変化しているほか、投資需要と投機需要が抑制されているとの見解を示した。

 
 
写真

海外勢のドル買い活発

東京外為市場でドル/円は、直近の上値めどとみられていた124.14円を一気に抜け、12年5カ月ぶりの高値をつけた。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

写真
年金生活者という「ジレンマ」

総人口の3割を占めるにまで増加した年金生活者によって、賃金や雇用改善が波及せず、物価は上げたいが、物価が上がり過ぎては消費を押さえてしまう日銀にとっての「ジレンマ」に。  記事の全文 

外国為替フォーラム

写真
原油に波乱再び、6月下落か

底打ち感が強まる原油相場だが、6月には下値方向で波乱がありそうだと、資源・食糧問題研究所代表の柴田明夫氏は指摘。   記事の全文 | ビデオ 

 
写真
米経済に悲観無用、ドル高へ

今後、米経済への慎重過ぎる市場心理は逆方向に変化し、緩やかな米金利上昇とドル高ユーロ安を招くとABの村上尚己氏は予想。  記事の全文 

 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
FIFA内部の闇に挑む

幹部9人の起訴は衝撃だが、決して予想外の事態ではない。  記事の全文 

 
写真
中国株ブームそろそろ限界か

中国株活況の主要エネルギー源だった信用買いはそろそろ限界か。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 | 関連記事 

 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ
 
高まる「チャイナオイル」の存在感

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。